きゃらめるぷりん

グッズ依頼受付ます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コミケのすすめ2 ~計画編~

久しぶりの連投だ~
これを読む前にコミケのすすめを読んでいない方は
先にそちらを読むことをお勧めします
こちらからどうぞ~ (クリックでページ先に飛びます)

では
今回はコミケの中でどのように動いたら
効率よく買えるかなどを書かせてもらいます
(違うところなどがあったらコメント欄にて補足お願いします)

東方専門なので東方で例を出して書かせてもらいます
長くなったりするので【続きを読む】からどうぞ~
1 カタログorカタロムを買う
これは前回で述べたとおりの理由で当然買います
これによってサークルが調べやすくなります
暇なのでカタログとカタロムのメリットとデメリットを書かせてもらいます
 カタログのメリット
  ・発売日がカタロムより早い(1週間ほど)

 カタログのデメリット
  ・でかいので持ち運びが不便(切り取ったりしないといけない)
  ・重い(もはや凶器)

 カタロムのメリット
  ・サークルのリンクが書いてある(無いのもある)
  ・色分けでリストを作れる

 カタロムのデメリット
  ・印刷環境が無いといけない(じゃないと持っていけない)
  ・使いこなすのに慣れが必要(冊子じゃないからねぇ)

だいたいこんな感じです
自分としてはカタロムのほうが使いやすいかな?
という印象です(カタログ重い・・・・・)
では次

2 サークル全部調べる
これは人にもよりますが自分としては衝動買いという恐ろしいものを何回も体験しているので
これをある程度抑えるために東方の全部のサークルを調べるのを毎回やってます
あそこは祭りのような雰囲気で金銭感覚が狂うのでできるだけやっておくことをお勧めします

3 予算&計画を立てる
これは説明不要ですね各自頑張ってください
またコミケで使うお金はできるだけ小銭にするということをやっておいてください
これはサークルの方は個人でやっているわけでそのおつりもその人個人のものです
同人誌1冊500円というのが普通ですがそんなものに5千円や1万円なんか出されても困りますよね
あっという間におつり用の小銭がなくなってしまいいます
なので使うお金は千円か500円にしておいたほうがいいです
企業のほうは5千円札でも問題ありませんがそこは各自お願いします
とにかく払うお金はぴったしにしたほうが喜ばれますのでしたほうがいいです


まあざっとこんな感じです
順番はどんなものでもかまいません
とにかくきちんとした予定が立てれればよいのです
またコミケ内での動き方ですが
その前にサークルの知識を書きます
サークルが壁にあるサークルを壁サークルといい
2つ壁側に向かってでっぱっているのがお誕生日席
他通路側にある並んでいるのが島中などと呼ばれます
この中の壁サークルは有名で人が多く来るため
人の整理しやすいところに配置されています
お誕生日席は準壁のようなものでここも人がくるのでこのような配置がされています
無題
まいさんのサイトからお借りしました
ありがとうございます

おもに回るべき順番は
壁⇒誕生日席⇒島中
という順番なのですが
中にはあまった壁の埋め合わせなどでマイナーな(ひどい言い方ごめんなさい)
サークルが入るときもあるようで
有名な順に完売すると考えればいいのですが
中には島中でも行列ができたり、壁より早く完売という例外があります
どのようなものが例外かというと
 ・合同誌を出すサークル
 ・急に有名になるサークル

といった感じです
他にもあるようですが面倒なのでこの2つだけ話します

まずは合同誌を出すサークルについて説明します
この合同誌とは複数人が1つの本を手がける本のことです
身近なものでいうとアンソロジーコミックなども似たようなものですね
(発行方法などは違いますが)
さてなぜこの本がすぐ売れるかというと

 ・他の同人誌と比べて安い
 ・たくさんの作者がいる
 ・発行する本が少ない

というものです
他の同人誌とどのぐらい安いかというと
個人が出している同人誌は30ページほどで500円ですが
合同誌は100ページから多いので400ページほどで1000円ほどになります
これがどのぐらい安いかわかりますよね?

たくさんの作者がいることに関しては
普通同人誌の中にはハズレ(ひどい言い方ごめんなさい)が
あると思います
しかし合同誌にはたくさんの作者がいるのでハズレ(ほんとごめんなさい)が
仮にあったとしてもあたり(差別的でごめんなさい)が必ずあるはずです
そのようなところからお得感が出るわけです

そして発行数が少ないことに関しては
本当に仕方がないことなのです
ページ数が多いということは1冊発行するための単価が高く
売れたとしても利益がほとんど出ないというわけです
そして参加者側としてのお礼などで1冊プレゼントなどやると
完全な赤字になってしまうわけです(推測ですが黒字になるとは思えませんね)
そして数が少ないため手放す人がいなくなるというのになるわけです

このようないろいろな理由から合同誌はすぐになくなってしまうわけです
零さんが途中で迷子にならなければてんこの合同誌が買えたのに・・・・・・


急に有名になるサークルですが
これはいろいろな理由がありますが
主にネットでの宣伝がくらいついたものが多いですね
例を挙げるとすると舞風さんの作品東方夢想夏郷とかですね
あれは前々から有名だったのですが
本当にアニメにしてしまうとは誰も思わなかったのでしょうね(自分も思いました)
おかげでニコ動ではアニメのフルがアップされるなどとすごい状態だったようですが
このようなサークルはどこであれ行列ができます
この対策としてはサークルを調べるしかありません
冬コミでSHADOW MOONの咲夜の壁掛け時計(線画)の最後を買ったガキは自分です
このものは安かったりしたのが理由ですぐに完売したようです


よって完売する順番は
超壁(上海とか黄昏とか)>合同誌と例外>壁と準壁>島中
というわけです
超壁は寄ろうとすると確実に他のサークルは寄れなくなるので諦めましょう
このようなサークルは必ずといっていいほど委託がされるので
委託待ちをしたほうが無難です


この説明を参考にして快適なコミケライフを送れたという方がいいなと思っています
ここまで読んでくださってありがとうございました



どなたかみすちーの合同誌
夜雀ノ華歌~ミスティアフェスティバル~
を5000円ほどで売ってくりゃえ~

コメントお待ちしています

追伸
友人のつてで手に入りました
みすちーかわいいよみすちー
なでなでしたい
スポンサーサイト
[ 2009/07/26 17:58 ] 雑学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yoroiball

Author:yoroiball
グッズ製作を主にやってまふ
HPはこちら

連絡は
yoroiball☆yahoo.co.jp
まで(☆を@に変更してください)

【制作担当(ブログ更新担当)】
・yoroiball
Skype名 yoroiball

【絵描き】
・零斗
・黒音

【雑用】
・竹月/こるつん

【舞台裏】
・部長

【サークルメンバー外お手伝いさん】
かじょき

このブログのコンテンツの二次配布・無断転載はおやめください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。